ジョージ・ケント(マレーシア)George Kent(Malaysia)社の事業概要

ジョージ・ケント(マレーシア)George Kent(Malaysia)
(GKENT:3204)社はGeorge Kent Ltd(イングランド)の
支店として1936年からマレーシアのペナンで事業開始しました。

1968年からは製造業工場を建設し、エンジニアリング、水道メーター、
ダム建設関連まで事業領域を増やしています。

エンジニアリング事業関連ではマレーシア国内のLRTレール建設事業、
駅舎建設などを手掛け、また、水道インフラ、ダム建設などの
水インフラ構築事業、病院建設事業(Hospital Kuala Lipis Phase
1&2)なども手掛けています。

水道メーター事業ではシンガポール、香港、ベトナム、タイ、カンボジア、
インドネシア、ネパール、インド、フィリピン、パプアニューギニア、
オーストラリア、スリランカなど40カ国以上に輸出しています。
金属製のバルブや水栓なども手掛けます。

同社は1月末決算を採用しています。
2017年度業績は売上1億8900万リンギ、純利益4200万リンギでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。