中タイ高速鉄道は2017年12月より着工、日タイ高速鉄道は事業調査が完了

タイ国内で建設予定の高速鉄道計画に関し、
中国とタイ政府で計画する高速鉄道建設プランが
環境アセスメント承認を受け2017年12月より
着工されます。

バンコク都~ナコンラチャシマ県を結ぶ高速鉄道計画は
1794億バーツを投じて中国とタイ共同で建設されます。
総延長は253Kmの予定です。
将来的には中国・ラオス鉄道と連結し、中国南部都市の昆明と
バンコクを結ぶ鉄道大通路を形成する計画です。

また、タイ政府が日本の新幹線導入を前提に計画している
高速鉄道について、日本政府側は事業調査結果をまとめ、
2025年に開業させるとし、タイ政府側は最終的な建設計画を
出すとしています。
同高速鉄道はバンコク都~北部チェンマイ県を結ぶおよそ6
70Kmの路線です。

まずは第1期となるバンコク都~中間地点のピサヌローク県
までのおよそ380Kmの区間路線を2019年着工、2025年開業予定
としています。