タイのアルコール飲料大手、タイ・ビバレッジグループはベトナムサベコに出資希望

シンガポール証券取引所(SGX)に上場しているタイの
アルコール飲料大手、タイ・ビバレッジグループ(THBEV)は、
タイ、シンガポール、マレーシアなどで展開しています。

同社はベトナムの酒造最大手サイゴンビール・アルコール飲料
総公社のSaigon Alcohol Beer and Beverages Corporation
(SABECO・サベコ)の株式放出に関する入札に向けて届出を出した
ことを明らかにしています。

タイ・ビバレッジグループ(THBEV)はSABECO社の株式25%以上を
所有する可能性があるとの見通しを示していました。
タイ国内では飽和しているビール市場を見越し、若者やビール飲酒
市場が急速に成長するベトナムへの可能性を探るため投資を進めます。

サイゴンビール・アルコール飲料総公社(SABECO・サベコ)社は
ホーチミン証券取引所に上場しており、2016年度業績は売上
30兆5690億ドン、純利益4兆6550億ドンでした。
ビア・サイゴン、333ビール(ビア・バーバーバー)、
スペシャル・サイゴンなどを製造し販売しています。

今回の入札に関しては、ベルギーのアンハイザー・ブッシュ・
インベブAnheuser-Busch InBevや日本のキリン・ホールディングス
Kirin Holdings(2503)などの他のアルコール醸造企業も参入準備を
進めていましたが、期限までに少なくとも25%の株取得に向けて
登録を済ませたのはタイ・ビバレッジのみだったと商工省
ウェブサイトで報告されています。