2017年タイ証券取引所へ医療系サービス会社が多く上場

2017年は医療系サービス会社がタイ証券取引所に多く
上場しました。

Wattanapat Hospital Trangワッタナーパット
ホスピタルトラン(WPH)はタイ証券取引所一部市場(SET)に
上場しています。
同病院はタイ南部トランにある病院でクラビなどにも
病院建設を目指します。

Thonburi Healthcareトンブリー・ヘルスケアグループ
(THG)はバンコク西部トンブリー地区で展開する
病院グループで、タイ国内5拠点以外にも展開しています。

Ratchaphruek Hospitalラチャプルック・ホスピタル病院
(RPH)はタイ東北部のコンケン県にあります。
Ladprao General Hospitalラップラオ・ジェネラルホスピタル
(LPH)はバンコク都内に病院を構えています。

タイ証券取引所二部市場(MAI)にもDental Corporation
デンタル・コーポレーション(D)が新規上場しました。
歯科関連では既に歯科医院チェーンLDCデンタル(LDC)が
上場しています。

病院グループ企業が積極的に上場している背景には、
タイの医療費増大と共に中間層の医療支出が
増え始めてきていることがあります。
また、病院によっては「医療ツーリズム」を利用する中国人、
中東からの訪問者も多く、外国人向け医療サービス提供の
ために資金調達をする病院も今後さらに増えてくることが
予想されます。