タイ上場の音楽芸能大手、RS社は販売員制度を拡大していく方針

タイ証券取引所上場の音楽芸能大手、RS社(RS)は、
販売員制度を拡大していく方針を発表しています。

タイ国内での化粧品・栄養サプリメント等の販売が
好調であるため、これまでの自社小売スタイルから
販売員によるダイレクト販売を強化し、販売員の募集を
開始します。

販売員制度”Lifestar BIZ”は、RS子会社のライフスター
Life Star社を通じて募集し、売上向上のため販売員登録数
1万人を目指します。
2018年度の同子会社の売上目標は25億バーツ、前年比80%増と
しています。

同社の2017年1月~9月期業績は売上26億8100万バーツ、
純利益2億2200万バーツでした。
健康・美容関連の収入が大きく伸び、通年売上は53億バーツを
予想しています。

RS社はタイの芸能・音楽大手2位として長らく展開してきた
企業です。
近年は2014年のデジタル放送開始を受けて政府のオークションで
入札を獲得し、Channel 8の放送を開始しました。 

2015年にはヘルスケア製品・化粧品販売のLife Star社を
立ち上げました。
健康・美容関連製品の売り上げが好調であるため、
同社はこの事業へ注力しています。