タイ国内の即席麺最大手、タイ・プレジデントフーズは海外展開強化

タイ国内でMamaブランドを製造販売する即席麺最大手、
タイ・プレジデントフーズThai President Foods
(TFMAMA)は海外生産体制を強化します。
2018年内にはミャンマーの都市マンダレーにて第2工場の
着工を計画しており、ミャンマー市場への即席麺供給体制を
整えます。

タイ・プレジデントフーズ(TFMAMA)社は既にミャンマー、
カンボジア、バングラディシュ、ハンガリーに海外工場を
展開しています。
2017年度の各国売上は、ミャンマーが6.5億バーツ、
カンボジアが3億バーツ、バングラディシュが5000万バーツ、
ハンガリーが2億5000万バーツであったとしています。

同社はタイ国内の即席麺市場は飽和状態に達したと判断しており、
そのため2018年は海外展開拡大を強化します。
タイのインスタントラーメン市場は2016年度で前年比5%増の
160億バーツでした。
袋入りインスタントラーメンは75%、残りはカップ入り
インスタントラーメンでした。

世界インスタントラーメン協会(World Instant Noodles
Association)によると、タイの一人当たり消費量は年間49パック、
世界第5位です。
他の近隣アジア各国では香港59パック、ベトナム52.6パック、
インドネシア50.5パックでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。