タイの不動産開発会社、SCアセットはランスアンで旗艦プロジェクト

タイの不動産開発会社、SCアセットSC Asset(SC)はバンコク中心部、
ランスアン通りで大規模開発を行い、旗艦プロジェクトを進めると
発表しています。
ベンチャー子会社、SCOPEと合弁会社を設立し、不動産開発を
進めます。
プロジェクト名の”Yongyuthichai Promprasit”はタイの
富裕層向けに販売するとしています。

SCOPE社は資本金1億バーツで2017年7月に設立されました。
90%はSC Asset(SC)社が保有、10%はMayuree Chaipromprasith氏
が保有します。
同女史はSiam Piwat社の上級副社長などを務めています。

新しい合弁会社の立ち上げはハイエンド住宅市場の競争力を
高めることを目標としており、SC AssetとSCOPEの戦略的提携で
シナジー効果を生むとしています。

開発候補地は2ライの不動産でおよそ28億バーツとしています。
大型高級デパートのセントラルチットロム、BTSチットロム駅から
徒歩圏内でMateradee Schoolの向かいにあります。

SC Asset(SC)社はタクシン財閥が設立した不動産開発企業です。
同社の過去の代表取締役にはインラック元首相も名を連ねます。
2017年度1月~9月期業績は売上78億4300万バーツ、
純利益7億300万バーツでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。