タイの青果輸入卸大手、ワチャモン社、ナワターン社、A-ベスト社、企業解説

タイの青果輸入卸市場の大手企業には、Vachamon:ワチャモン社、
Thai AC:タイAC社、City Fresh:シティフレッシュ社、
Siam SCT:サイアムSCT社、Global Tradeグローバルトレード社、
Navatarn:ナワターン社、A-Best Foods:A-ベストフーズ社、
Inter Fresh:インターフレッシュ社などがあります。

Vachamon Co.,Ltd.(ワチャモン社)は大手果物卸企業で古くから
輸入果物を扱っています。
40フィートコンテナを年間2,000個数以上、およそ64000トンを
扱っています。
同社は40年以上の歴史があり、テスコ・ロータスなどの
大手小売店舗向けに果物を卸しています。
冷凍施設は0~15度の冷蔵管理帯を用意していて、
輸送用トラックも40台近く用意しています。
パトムタニ県に冷蔵施設もあり、タイ人従業員が果物の品質確認、
グレード分け、カットフルーツ処理などを行っています。

Navatarn Fruits(ナワターン・フルーツ社)は2003年に
株式会社化した青果物流卸企業です。
本社はタラート・タイ市場の隣にあります。
2015年に完成した青果保管用の倉庫にはゼロ度帯・室内気温
15度帯のものがあり、ドイツ製の管理保管システムで
運営されています。

A-Best Foods Co.,Ltd.(エー・ベスト・フーズ社)は
大田市場(東京都大田区)と提携し、タイ向け輸出ロットを
確保しています。
日本から高級青果を輸入し、2018年からエンポリアム、
エムクオーティエ、サイアムパラゴンにて日本フルーツフェア
販売を行うとしています。