タイのトイレットペーパー市場における大手企業

タイ国内のトイレットペーパー市場では、大手企業として
タイビバレッジグループ傘下、ベーリユッカー(BJC)の
子会社であるベーリユッカー・セロックスBerli Jucker 
Cellox社や、キンバリー・クラーク・タイランドKimberly 
Clark(Thailand)社が挙げられます。

ベーリユッカー・セロックスBerli Jucker Cellox社は
売上25億バーツ規模、トイレットペーパー、テッッシュペーパー、
ナプキンなど様々な製紙をタイ国内向け・海外向けに製造、
販売しています。

同社はトイレットペーパーでCellox、Zilkブランドなどを
展開しています。
製紙機械はヨーロッパ製品を使用し、年間50,000トン規模で
製造しています。
工場内の製造基準ISO9001、ISO14001、OHSAS18001を
取得済みです。
製造ブランドはCellox、Zilk、Aro、Belle、BJC Hygienist、
Purify、Deluxsoft、Maxmo、Tesco、TopsなどでOEM供給も
含め生産しています。

キンバリー・クラーク・タイランドKimberly Clark
(Thailand)社は売上55億バーツ規模、Scottブランドや、
ティッシュペーパーのKleenexなどを展開しています。
パトムタニ県に製造拠点を構え、B2Cブランド
(Huggies、Kleenex、Scott)、B2Bブランド
(高級ホテル、病院、高級オフィス、商業施設)を
それぞれ展開しています。

BJCグループによる報告では、2012年のタイのティッシュペーパー
市場は、2011年から9.6%増加して約73億バーツでした。
中間層人口の増加と所得の伸びが、ティッシュペーパーの
購入量と使用量を決める主な要因としています。

同市場は、販売されたティッシュペーパーの74%が
消費者カテゴリー、残り26%がビジネス部門カテゴリーと
されています。

消費者カテゴリーは、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、
タオルペーパー、ナプキンの4つのセグメントで構成されています。
ビジネス部門カテゴリーは、清掃・衛生供給、ホテル、オフィス、
レストラン、工場、空港、学校、官公庁に卸売された
ティシュペーパーです。

ScottとKleenexの製造元Kimberly-Clarkと、CelloxとZilkの
製造元BJC Celloxの2社は業界の2大生産企業であり、
2012年にはこの2社だけで市場シェア75%以上を占めました。
ティッシュペーパー市場全体ではKimberly-Clarkが
市場リーダーであり、BJC Celloxはトイレットペーパー
セグメントのリーダーです。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。