エイペックス・デベロップメントはクラビで4つのホテルを開発

タイ証券取引所上場のエイペックス・デベロップメント
Apex Development(APEX)社は、タイ南部リゾート地である
クラビ県のロングビーチで投資用住宅ユニットを備えた4つの
ホテルを開発する予定です。

同社CEOのPongphan Sampawakoop氏は、クラビはアンダマン海の
観光地で最も高い可能性を秘めている、外国人観光者にも
人気であるとコメントしました。

クラビはプーケットに近く、プーケット国際空港は年間800万人が
利用しています。
多くの島々、美しい海に囲まれ、世界的に有名なダイビング
スポットなど魅力的な地域が豊富にあることから、
エイペックス・デベロップメント(APEX)社は2017年に
クラビ・ロングビーチ地区で400ライの不動産を獲得しました。

同社はビーチ・フロントの1kmを含め、4つのホテルチェーンと
投資購入者を対象とする住宅ユニットを開発します。
プロジェクト第1段階は、クラブメッドクラビとリゾート&
レジデンス(38億バーツ相当)です。
リゾート運営のため、既にクラブメッドと契約を交わしています。

今後は300のホテルルームと50のヴィラが販売される予定で、
2018年9月開設予定のヴィラは広さ65平米から、
最低販売価格1000万バーツからです。
購入者は毎年30日間滞在できるレンタルプログラムの権利が
得られます。