タイのクレジットカード大手、クルンタイカードは2017年過去最高益達成

タイのクレジットカード大手、クルンタイカードKrungthai Card
(KTC)社のCEOであるRathian Srimongkol氏は、2017年の業績を
発表しています。
2017年通年の売上165億3100万バーツ、
純利益33億400万バーツでした。

クルンタイカード(KTC)社はクルンタイ銀行が出資する
クレジットカード会社です。
Rathian Srimongkol氏は6年間の経営統治下でKTCの株価を
回復させただけでなく、革新的なクレジットカード発行と
個人向け融資を通じて同社業績を回復させました。

同氏の就任前は、KTCクレジットカード保有者数がタイ国内で
最も多くなっていたものの、2011年に16億2000万バーツの
純損失を出し、不良債権が多くなっていました。

同氏によるコスト削減と不良債権処理により、
2012年に2億5500万バーツ、2013年に12億8000万バーツ、
2014年には17億5,000万バーツの純利益を記録しました。
その後も、2015年純利益20億7000万バーツ、
2016年純利益24億9000万バーツ、2017年には純利益33億バーツ超の
過去最高益を出しています。

2017年は9月からはタイ銀行が無担保ローンの規制を強化し、
KTCを含むすべてのクレジットカード会社・個人ローン事業者に
損害を与えましたが、それにもかかわらずKTC社では記録的な
純利益を達成しました。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。