シンガポール上場イスラエル資本のザ・トレンドラインズ・グループは黒字化

シンガポール証券取引所上場のイスラエル資本企業、
ザ・トレンドラインズ・グループThe Trendlines Group
(42T)では、2017年通年の業績を発表しました。
売上730万USドル、純利益395万USドルで、2016年の純損失
660万USドルから黒字化しています。

2017年末時点の投資ポートフォリオは9680万USドルと
なっています。
また同年、ポートフォリオ企業2社のイグジットにより230万USドル
を獲得しました。
手元にあるキャッシュと同等物は870万USドルであると
発表しています。
2018年末までに事業年度の営業費用を約130万米ドル削減する予定
であるとしています。

ザ・トレンドラインズ・グループ(42T)社は2007年に設立された
医療機器や農業技術分野のスタートアップ支援を専門とする
インキュベーターです。
主にイスラエルとシンガポールへの投資を行っていて、
ビジネス・インキュベーション、パートナーおよび販売チャネル開発、
マーケット戦略、事業計画、研究開発と商業化活動、事業開発、
財務および資金調達戦略、管理サービス、起業家へのサービスなどを
提供しています。
イスラエルのテルアビブ、中国の北京、シンガポールに事務所を
構えています。