ダイレクトショッピング大手、アムウェイ・タイランドは新物流センターを建設予定

ダイレクトショッピングの大手、アムウェイ・タイランド
Amway Thailandは、4000万バーツを投じて新規物流センターを
建設すると発表しています。
場所はサムットプラカーン県バンプリー地区のTPark Bangplee1
倉庫です。

タイの工業団地・貸倉庫運営大手、タイコン・インダストリアル・
コネクションTicon Industrial Connection(TICON)の傘下、
Ticon Logistics Park Coによって開発された新施設内の倉庫は、
およそ10,000平米の広さを誇り、配送能力を拡大し、
オペレーションをグローバルレベルに引き上げるための
デジタル技術を装備しています。

同社代表取締役のKittawat Ritteerawee氏は、倉庫容量が50%
増加したことにより、より多くのインバウンドおよびアウトバウンド
商品を処理できるようになると述べています。

自動化した革新的なデジタルピッキングシステムを使用すること
により、製品保管からビジネスオーナーやメンバー、
アムウェイショップ全83店舗へのタイムリーな配送が可能に
なります。

アムウェイAmwayは30年以上タイで営業しており、
販売員数は33万人、500種類以上の製品があり、
72万人以上の購入メンバーがいます。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。