重機販売大手、イタリアンタイ・インダストリアル、企業解説

イタルタイ・グループItalthai Group傘下の重機輸入業者、
および販売代理店であるイタリアンタイ・インダストリアル
Italthai Industrial Co(未上場)では、
2018年の売上成長を前年比30~40%増と予想しています。

同社は数多くの重機・機械を販売しており、ボルボ、タダノ、
その他の中国ブランドなどを取り扱っています。
アフターサービスを手掛ける店舗はタイ国内とラオスで
14店舗を展開しています。

代表のAdis Peukpattanaruks氏は、多くのインフラ
プロジェクトでは新たな重機を必要としていて、
政府と民間部門が大量輸送システム拡張と都市化を
促進することにより、多くのインフラプロジェクトが動き、
受注が増えると期待しています。

同社によればタイ国内の重機市場は2018年でおよそ
250億バーツとし、ここ2年ほどは同規模で推移していると
しています。

2017年の同社業績は売上12%減で29億バーツでした。
2018年には重機350台の販売を予定しています。
また、タイ国内に2支店、ラオスに1支店を追加する予定も
あります。
さらに売上の70%を占めるVolvoとTadanoの販売を強化する
ことを目指しています。

イタルタイ・グループItalthai Group全体では、
今後5年間で海外展開を積極的に進め、売上を340億バーツに
倍増させる見通しです。
その中でイタルタイ・インダストリアルItalthai Industrial
は約80億バーツ、グループ予測売上の約30~35%を占めると
しています。