タイの布バッグ、ナラヤのナライ・インタートレードは欧州進出予定

タイのお土産として有名な布製バッグ、NaRaYaナラヤを販売する
ナライ・インタートレードNarai Intertrade(未上場)は
欧州出店を目指すとしています。
2017年時点の顧客層はアジア圏が中心で、特に中国からの
観光旅行者が多数を占めています。

同社は海外店舗拡大の一環として欧米市場拡大を目指します。
世界的に認められたブランドレーベルを目指し、ミラノや
ロンドンのような主要ファッション都市で路面店舗を建設し、
NaRaYaブランドの知名度を高めたい考えです。

また、NaRaYaではオンラインとオフラインを統合し、
シームレスなオムニチャンネル体験を実現することを
目指しています。
同社は中国観光客に人気のWeChat PayとAlipayを含む
電子決済を導入しています。

またNaRaYaブランドをさらに活性化させるため、
ティールーム事業とスキンケア事業を追加します。
ティールーム第1号店は2018年現在建設中のIconsiam
アイコンサイアムで開業予定です。

NaRaYaは2017年末時点でタイ国内25店舗、海外11店舗
(マレーシア5店舗、ベトナム4店舗、香港、台湾など)
出店しています。
2018年はプーケット、パタヤ、セントラルワールドなどへ
10店舗を新設予定です。
同社2018年度売上高は2017年の約20億バーツから大きく
増加すると予想しています。
売上の80%は観光客・外国人が占めています。