タイ最大の住宅ローン提供者サイアム商業銀行は若者向けに注力

タイ最大の住宅ローン提供者であるサイアム商業銀行
Siam Commercial Bank(SCB)は、高リスクと
考えられている若者(Gen Yセグメント)へ
住宅ローン商品を提供することに注力していく方針です。

高利回りの住宅ローンに集中するという同銀行の計画は、
Going Upside Down戦略に沿ったものだとコメント
しています。

同行が焦点を当てて販売しているのは、キャッシュアウト・
リファイナンス商品の”My Home My Cash”です。

My Home My Cashの住宅金利は住宅担保および顧客の
リスクプロファイルに応じ、年間+5.5%~+9%の範囲で
提供されます。
これと比較して一般的な住宅ローン率は年間+3%以上と
なっています。

サイアム商業銀行(SCB)では2017年にMy Home My Cashから
80億バーツを融資しました。
2018年度は100億バーツを目指します。

ターゲットとなるGenY世代顧客は1980~1997年の間に
生まれた若者で、2018年時点で20~37歳のタイ人です。
彼らは住居開発企業のターゲットでもあり、金融ローンに
対する需要も高く、住宅ローンとキャッシュアウト・
リファイナンス商品の主なターゲットであるとしています。

サイアム商業銀行Siam Commercial Bank(SCB)は
タイ王室系の国内最古の金融機関です。
2017年は359,583件の新規住宅ローン提供を行い、
Ge Y向けは70,000件を超えました。
同銀行の住宅ローン・ポートフォリオは6,300億バーツで、
そのうち2.8%が不良債権となりました。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。