タイの不動産開発、APタイランドは135億バーツを新規投資予定

タイの不動産開発企業、APタイランドAP Thailand
(AP)社は、2018年・2019年に向けて新規住宅開発用地を
購入するため、135億バーツを費やすと発表しています。

APタイランド(AP)社の自社開発プロジェクト用投資予算は
85億バーツ、日本の三菱地所との合弁事業用投資予算は
50億バーツとしています。

同社は2018年に総額490億バーツで新規35プロジェクトを
立ち上げています。
300億バーツで一戸建て・タウンハウス31プロジェクトを、
190億バーツで新規コンドミニアム4プロジェクトを建設します。

同社によるとコンドミニアム開発用の土地取得価格は非常に
高く、候補地を見つけるのが難しいため、2017年よりも
一戸建てやタウンハウスプロジェクトを増やすとしています。

同社は2018年第1四半期に72億バーツ規模の不動産プロジェクト
を発表しています。
50億バーツ規模の2つのコンドミニアムプロジェクトと
22億バーツ規模の3つの一戸建て・タウンハウスプロジェクトを
含み、既に52億バーツ分はプレセールとして販売予約済みです。

APタイランド(AP)社の2017年業績は売上228億5100万バーツ、
純利益31億5700万バーツでした。

2018年後半には140億バーツ規模のコンドミニアムプロジェクト
2つを開始予定です。
どちらも三菱地所との合弁会社となります。
そのうち1つはラチャテウィー地区ペッブリーソイ14近くの
土地3.4ライで、25億バーツ、1ワーあたり188万バーツで
購入しました。
販売価格は平米あたり20万バーツとなる予定です。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。