タイのスクンビット地区、コンドミニアム価格平均は平米あたり18万バーツ

不動産コンサルタントのナイトフランク・タイKnight Frank 
Thailandでは、スクンビットのソイ1~エカマイ地区における
コンドミニアム価格が高水準を維持する可能性が高いと
指摘しています。

同社調査ではスクンビットソイ1からエカマイ地区までの
新規供給コンドミニアムで、2017年末時点の1平米あたり
平均販売価格は181,800バーツであったと発表しています。
これは前年2016年と比較して+15%の増加となっています。
特にBTSスカイトレイン沿線、主要道路沿線の土地面積コストに
合わせ着実に上昇しています。

不動産開発事業者の多くはオンヌットからサムロンなどの
スクンビット郊外地区に注目しています。
オンヌット地区以東エリアはBTSスカイトレインの接続・
延伸ラインとなるため、複合開発・住宅開発事業者の多くが
関心を持っています。

バンナートラッド通りを挟み国際展示場、BITECの向かいに
開発中のバンコクモールBangkok Mallは、高級デパート経営の
モールグループThe Mall Groupとシティ・リアリティ
City Realty社の合弁・共同プロジェクトです。
ショッピングコンプレックス、コンドミニアム、
サービスアパートメント、賃貸用オフィスビル等を含む
100ライ(1ライ=1600平米)以上の大型複合開発で
2022年に開業予定です。

タイ大量輸送機関公社Mass Rapid Transit Authorityによると、
バンコク東部地区のグリーンライン延伸は2018年内に完成、
イエローライン新設は2021年に完成予定です。

2017年末時点の地域別コンドミニアム平均販売価格は、
エカマイ地区:154,500バーツ、
オンヌット地区:105,600バーツ、バンナー地区86,600バーツ、
ベーリン・サムローン地区:63,500バーツでした。

オンヌット、バンナー、ベーリン・サムローン地区は
エカマイよりも低い価格ですが、近い将来マンション需要が
大幅に増加するという観点から注目されており、
コンドミニアム販売価格は確実に上昇するとみられています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。