IT製品小売チェーンを手掛けるCOM7はカシコーン銀行と提携

IT製品の小売販売チェーンを手掛けるコム7(COM7)社では、
カシコーン銀行と提携し、ITショップブランド店舗、
BaNANAストアの拡大を目指します。

COM7社側では安定的に小売店を拡大出来ると同時に出店コストを
抑えることが可能です。
COM7が出店する場所にカシコン銀行の小規模銀行窓口を
設置する業態で、2018年末までに同業態での出店を20店舗
目指します。

COM7社では2018年度末までに600店舗を目指し、出店拡大を
進めています。
2017年度末時点では434店舗がありました。
IT製品の充実、サービス向上でタイ全国にチェーンを広げると
しています。

同社の2018年売上目標は前年比15%以上としています。
2017年業績は売上225億バーツ、純利益6億0880万バーツでした。
COM7社(COM7)はタイ証券取引所へ2015年に新規上場しています。

同業他社としてパソコン関連製品をメインに取り扱う
IT CITY(IT)社があります。
同社はコンピュータ、コンピュータ周辺機器およびアクセサリ、
オフィス機器の販売を行う企業で、コンピュータの修理および
保守サービスも提供しています。
同社の2017年業績は売上50億800万バーツ、
純利益6300万バーツでした。

タイ国内でIT・家電製品などを正規販売している大手企業は
COM7社、IT CityのほかにもPowerBuyがあります。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。