タイの商業不動産開発、セントラル・パタナーはホテル大手、ドゥシタニへ出資

タイの商業不動産開発大手、セントラル・パタナーCentral Pattana
(CPN)はタイのホテル大手、ドゥシタニDusit Thani(DTC)に出資した
ことを発表しています。
21.4億バーツを投じてドゥシタニ(DTC)社の株式約22.9%を取得します。

今回の株式取得は、これまで第2位株主であった
MBK Hotel and Resort Co., Ltd等から株式譲渡を受けるため、
創業家一族Chanut氏とそのファミリーが占めるChanut & Children
Co-Ltd(49.7%)に次ぎ、セントラル・パタナー(CPN)が第2位株主
となります。

そのほかのドゥシタニ(DTC)社主要株主は、
4位:Chatri Sophonpanich氏(バンコク銀行率いるソンポーンパニット
財閥:4.9%)、5位Wichit Chinwongworakul氏(IECなど大手企業に
出資する華僑財閥:3.9%)となっています。

セントラル・パタナー(CPN)は2017年にドゥシタニ傘下のドゥシタニ・
インターナショナルと共同で2019年閉鎖予定の旗艦ホテル、
「ドゥシタニ・バンコク」跡地の再開発すると発表しました。
この土地は王室財産管理局の所有であるためリース契約を組み、
既存の古いホテルは取り壊して新たな複合施設を開発していくと
しています。

ドゥシタニ(DTC)の2017年業績は売上55億6900万バーツ、
純利益2億6700万バーツでした。
セントラル・パタナー(CPN)の2017年業績は売上354億5500万バーツ、
純利益135億6700万バーツでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。