マレーシアの汚職スキャンダル、1MDB問題

1MDB(1Malaysia Development Berhad)は、2008年に
マレーシアで設立されたソブリン・ウエルス・ファンド
(政府が出資する投資ファンド)の略称です。

1MDBファンドではエネルギー・不動産・観光・アグリビジネス
銘柄を保有し、マレーシア国内産業の振興・多角化を建前と
していましたが、運用実態は異なり、巨額の損失を出しました。
2014年までに数10億ドルの債務超過と債務不履行に陥っています。

2015年7月にはウォール・ストリート・ジャーナルが
同ファンドからナジブ・ラザクNajib Razak首相の個人口座へ
およそ7億ドルが振り込まれた公文書記録を報じました。

2016年11月にはこのニュースに憤ったマレーシア国民が
数万人も首都クアラルンプールへ押し寄せ、黄色いシャツを
着てリコールを要求するデモ行進を実施しています。

2018年5月の総選挙の結果を受けて、マレーシア出入国管理局は
1MDB汚職スキャンダルが浮上したナジブ・ラザクNajib Razak
前首相とロスマ・マンソールRosmah Mansor前首相夫人の
マレーシア出国を禁じたことを明らかにしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。