マレーシアの対ドル為替レートは上昇の兆しを見せる

2018年5月のマレーシア総選挙でマハティール首相率いる野党側
(パカタン・ハラパン)の勝利と政権委譲報道を受けて、
海外でのリンギット通貨水準も回復しています。

リンギットの対ドル先物レートは2017年12月の水準から大幅に
回復し、総選挙結果後+1.7%上昇して1USドル当たり
4.0075リンギットとなりました。

マレーシア経済の長期的見通しについて、多数の国内上場企業へ
投資しているマレーシア従業員積立基金、エンプロイー・
プロビデント・ファンドEmployees Provident Fund(EPF)は、
マレーシア国内経済は依然として楽観的であり、国内市場への
さらなる投資機会を提供すると予想しています。

エンプロイー・プロビデント・ファンド(EPF)CEOのDatuk
Shahril Ridza Ridzuan氏は、マレーシア経済の強力な基盤は
損なわれていないと考え、短期的なボラティリティは当然だが、
これまで見られた円滑なプロセスによりマレーシアは成熟した
民主主義と経済であることが海外の投資家にも保証されるだろうと
述べています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。