タイ 2012年上半期の新規上場企業

タイ証券取引所の2012年上半期の新規上場では5社が上場。
タイエアアジアを運営するエアアジア・アビエーション(AAV)でなどがあり、
44.8億バーツの資本調達額でした。
下半期ではおよそ11社が上場を予定していて調達額が200億バーツまで伸びると
予想されています。

●シラチャー・コンストラクションSRIRACHA CONSTRUCTION (SRICHA)
工場建設大手。
●シリウィチャベーヴィワットSRIVICHAIVEJVIVAT(VIH)
ウィチャベー病院経営
などがあります。

主な企業ではJMT Network Services (JMT)社。
不良債権買取サービス
カーリース事業がメインビジネスです。

VGI Global Media(VGI)社。
広告事業、スペース賃貸事業がメインビジネス。
BTS社が親会社になります。

WHA Corporation(WHA)社
倉庫管理事業がメインビジネスになります。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。