ミャンマー 失業率

ミャンマーのメディア、Eleven Mediaによるとミャンマー国内の最新失業率は
37%であると報告しています。 また全国民6,000万人以上の中で3分1は極度の
貧困状態であるとしています。

IMFの発表では平均4%台の失業率が推移していましたが今回の発表では調査は
ミャンマー初の全国調査として食料、衣料、住居、世帯でミャンマーの全都市で
調査されたとしています。
Chin州 (73%) Rakhine州 (44%) Shan州 (33%)で高い貧困率であったと
しています。
Magwe 地区 (27%) Mandalay地区 (27%)で旧首都のヤンゴンYangon市では
16%でした。

ミャンマーの一人あたりの所得も東南アジアでもっとも貧しいレベルと言われていて
今後調査により具体的な数字が出て来ると見られています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。