タイの5大ニュース

1位 バンコク首都での大規模反政府デモ(3月14日~5月19日)

   タクシン氏支持派赤シャツグループの現政権に対しての抗議活動は
   激化し、商業地ラチャプラソン地区の占拠、4月10日と5月19日は治安部隊
とデモ隊の激しい衝突で日本人の死者も出ました。
5月19日以降は残党が暴徒化したため、タイ証券取引所(SET)やBECワールド
のチャンネル3のビル各銀行支店に放火や略奪が発生しました。

2位 自動車産業が急回復165万台~170万台を越える予想

   タイ工業連盟(FTI)自動車部会が発表した11月の同国自動車生産台数は、
   前年同月比30%増の15万7094台。
   2010年10月は前年同月比32.7%増の15万2,689台で、それぞれ
   過去最高台数を更新しました。

   タイ投資委員会(BOI)のエコカー事業政策の発表で今後ますます
生産台数は増加します。
日産「March」やホンダの「Brio」に続き、三菱の「Global Small」も
生産される予定です。
   トヨタ自動車、スズキ自動車も準備中となっています。

3位 株価も大きく上昇、1000ポイント越え

   東南アジア各市場はインドネシア株式市場(IDX)を筆頭にして大きく
上昇しました。
   SET指数は10月に1000ポイントを越え、1996年11月以来で初となる
   1000ポイント大台を越えました。
   その後も1000ポイント台を推移し12月30日に1032ポイントで2010年度の
   取引を終えています。
   年初来からの上げ幅は+40.6%となっています。

4位  マプタプット事業凍結が一応再開
 
    タイ中央行政裁判所は2010年の9月、2009年9月に同裁判所がマプタプット
    工業団地(東部ラヨーン県)の76事業に一時停止命令を下した件で、有害
    事業リストに含まれない案件について事業再開を認めています。

    日系企業は化学、鉄鋼関連9社が停止命令を受け、2010年末までに8社
    すべての停止命令が解除されました。
    09年に突如出されたこの判決によって、一部の石油化学事業が大幅に
    遅れることになり、一部計画の延期を余儀なくされるケースも出ました。

    タイ政府では環境アセスメント(EIA)、健康アセスメント(HIA)などの
    環境汚染防止策を実施するとしていて、環境アセスメント法は、すでに
    建設事業でも導入されています。

5位  携帯電話3G通信サービスが遅延する

    2010年9月20日に予定されていた国家通信委員会(NTC)の携帯電話第3世代
(3G)サービス事業免許の入札が延期となりました。
タイ通信公社(CAT)テレコムの入札差し止めに対する上告審で、
最高行政裁判所が上告を棄却したため発生しました。

    この背景には携帯通信における周波数割り当ては、憲法の規定によりNTC
ではなく、発足していない国家放送通信委員会(NBTC)であるとして、入札
差し止めを命じました。
    結果、AIS DTAC TRUEの各社は入札に参加できず、唯一TOTだけが現時点
    で3G通信事業を広げることに成功しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。