タイのネット事情

2009年度、タイの携帯電話の売り上げ総額は542億バーツで+0.9%増でした。
2010年度は+8.0%の成長が期待・予想されています。
携帯電話端末の価格が下落の一途ですが、非音声サービス、アプリケーション
サービスなどが好調に伸びています。

2009年度の非音声サービスは197億バーツでしたが、2010年度は246億バーツ
まで伸びると予想されています。

National Electronics and Computer Technology Centre (NECTEC)の
最近のリサーチでは全体のサービスの60%にSMSサービス
(short message services)を利用しています。
またGPRSサービスはTwitter や Facebookの利用増加で利用者が増えています。

また携帯アプリの利用では、多くがコミュニケーションアプリを利用しEmail、SMS、
Chatサービスなどが主流になっています。
今後3~5年後にはよりスピードがUPし、教育、速報ニュース、ビジネスなどの利用も
増加すると見ています。

携帯アプリ利用状況上位
Eメール 33.5%
SNS 20.2%
Mobile Web Browser 20.2%
News RSS 11.5%
Instant Message 10.2%

インターネットアクセス方法
ADSL  2009 40.3%
2010  52.1%
Office Line  2009 19.5%
2010  24.2% 
Mobile 2009 10.1%
         2010  10.3%
DialUp     2009 10.7%
2010   6.1%

ダイヤルアップのアクセスが減少し、ADSLが伸びています。
またオフィスでの利用が伸びていますが、3G通信サービスの開始していない
現状では、まだモバイルのアクセスは伸びていないのが問題となっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。