ミャンマー(ビルマ)

軍事政権の独裁が続くミャンマー(ビルマ)に、中国や韓国などから投資が
急増しています。
中国・ロシア、韓国は大型投資案件を得るために積極的に動いています。
またタイでもサハ・グループ(SPC) (SPI)はコンビニ108SHOPの展開を決定。
ゼネコンの最大手イタリアンタイ(ITD)ではダウェイ大型貿易港の開発建設の
権利を得ています。

2010年11月に、およそ20年ぶりの総選挙は欧米の批判を浴びたものの、軍の
期待する規定路線を進んでいます。

JETRO発表では2010年4~8月のミャンマーへの海外直接投資は約160億ドルで
1988年から2009年までの総額を、4ヶ月でで受け入れています。

タイに比べて天然ガスやレアメタルなどの資源もあり、人件費コストも世界最安
に近いレベルです。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。