タイ プロジェクター市場

プロジェクター大手のEpsonではスマートフォンやタブレットなどの接続など 付加価値を付けた装置でプロジェクター市場へ投入します。

タイランドのプロジェクター市場は年間15~20%の成長率で伸びています。 この伸びは5年間続くとしています。 企業向け、教育産業向けに伸びているとエプソンタイランドのGM、 Yunyong Muneemongkoltorn氏がコメントしています。

また付加機能としてWiFiコネクト、HDMIポートなどでiPhoneなどの接続が 可能になった製品が投入されています。 ただし価格がやや高い商品であり、平均30,000バーツ以上であるとしています。 現在タイ市場での平均価格は20,000バーツとしています。

また今後タブレットやスマートフォンがその本体の中に プロジェクト機能をアプリとして入れているものも登場しているため より解像度や美しさを強調したものをPRをしています。

Epson Thailand社のカントリーマネージャーのEiji Kato氏は 同社のプロジェクターの売上は2012年1~9月期の業績は売上 5億バーツから、2013年の売上は前年比+50%の伸びを期待しているとしています。

タイのプロジェクター市場は2012年度の27億バーツから 前年比+20%増加するとしています。エプソン社では市場シェア30%を目指します。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。