タイ BLSバイスプレジデント(BLS)

タイ証券取引所(SET)総合指数の2011年度見通しは1200ポイントまで進むと
バンコク銀行傘下のブアルアン証券(BLS)では見ています。
ヨーロッパの金融危機と石油価格の高騰が懸念材料であるとみています。

Chaiyaporn Nompitakcharoen BLSバイスプレジデントはプラス材料も、
マイナス材料もあるが、上昇基調は変化しないと考えているとコメント。
アピシット政府が今後選挙に向けた動きをするかどうかが注目されていると
しています。

下落率として7~10%は起きる可能性もありつつ、1000ポイント台はキープする
としています。
また下院解散が突如おこなわれた場合は5%の下落もあるとしています。

成長有望セクターとしてエネルギーセクター、石油化学セクター、食品セクター、
建設&ゼネコンセクター、ホテルセクターを挙げています。