ホワンDBSビッカーズ・リサーチ、KLCIが2011年内に1730ポイント台まで上昇すると予想

ホワンDBSビッカーズ・リサーチは、ブルサ・マレーシア
(マレーシア証券取引所)の代表的株価指数であるFTSEブルサ・マレーシア・
クアラルンプール複合指数(KLCI)が、2011年内に1730ポイント台まで上昇する
と予想しています。

ホワンDBSのリサーチ長、ウォン・ミンテク氏は、
1、マレーシア国内経済の好調な回復
2、農産物一次産品価格の上昇
3、通貨リンギ高が影響すると見ています。
その結果、株価上昇が見込まれると予想。

注目産業は建設セクター、銀行セクター、石油・ガスセクター、不動産セクター、
農園セクターの値上がりが予想されるとしています。
2011年はマレーシアでの建設プロジェクトの実施が多く計画されています。

「大クアラルンプール(KL)」整備計画
クアラルンプール・ベルジャヤ首都圏における大量高速輸送(MRT)システムの
整備プロジェクトなどの実施で
上場企業ガムダ
上場企業IJMコープ
上場企業WCTの株価に好影響があると予想しています。

またブーステッド・ホールディングスとDRB-ハイコムを注目株としています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。