日本企業タイ進出 インドネシア ジャサ・マルガ(JSMR)

日本の首都高速道路は2011年内にタイとインドネシアに駐在事務所を設置する
計画を発表しています。

両国でのインフラ事業開発、道路建設事業の受注を目指し活動するとしています。
2010年4月にはタイの高速道路公団(EXAT)Expressway Authority of Thailand
と技術協力の覚書を締結しています。

インドネシアではインドネシアの道路公団ジャサ・マルガと。
またアストラ・インターナショナル(ASII)傘下のインフラ投資企業
アストラテル社とMOU(覚書)を締結しています。

一方で阪神高速道路でも2010年6月に対の首都高速道路建設事業のコンサル事業
を獲得しています。
交通管理システム、自動料金受注システム(ETC)交通渋滞解消へのコンサル業務
などを実施しています。