インドネシア ガルーダ&ライアンエアー

インドネシアのフラッグ・キャリア、ガルーダ・インドネシア、
LCCのライアンエアーでは、
シンガポールから他のアセアン諸国へのフライトアクセス許可を得たことを発表しています。
インドネシア政府の許可も受けました。

シンガポールのチャンギ国際空港では2012年、5,120万人の利用者が有り
東南アジアのハブ空港としての役割を果たしています。

現在Singapore-Jakarta路線はもっとも飛行便数が出ているルートで毎週16の
航空会社が1,000便以上を運行しています。 この便数は香港~台北の便数に
次いで世界で2番目に多いラインです。

チャンギ国際空港はその次にシンガポール~香港、シンガポール~バンコク、
シンガポール~クアラルンプール、シンガポール~マニラ間が便数が多い
ルートになっています。

旅行代理店ではシンガポール~ジャカルタ間に新しいエアラインが参入することは
喜ばしいとしています。
またLCCのタイガーエアウェイズTiger AirwaysのダイレクターHo Yuen Sang氏は
よりアクセスが増えることは望ましいとしています。