タイの失業率

タイ国の名目GDP成長率は2010年の成長率予測し、7.9%と出ています。
また失業率は一時0.9%まで下がりました(タイ大使館2010年12月発表)。
現在バンコクの街中ではあらゆるところで建設工事、再開発工事が
進んでいます。
当然、これまでの渋滞レベルがより酷くなっています。

タイ工業連盟(FTI)のTanit副会長は2010年の賃金上昇率が5~10%の幅になる
との見方を示しています。
失業率が低下し、人材不足となっていて労働者側有利の状況が続いています。

2010年12月に最低賃金を8~17バーツ引き上げたことで今後一般ワーカー、
スキルワーカー、マネージャークラスにも波及するだろうと見ています。
2011年度は賃金上昇、原材料コスト上昇、インフレなどの影響が大きくなると
予測しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。