タイ イタリアンタイ・ディベロップメント(ITD)

タイのゼネコン最大手イタリアンタイ・ディベロップメント(ITD)では、
バングラディシュの首都ダッカの高架高速道路建設をバングラデシュ政府から
受注したことを発表しています。

北郊のバングラディシュのハズラット・シャージャラル国際空港とダッカ市
南部を結ぶルートで、全長25.5Kmとなっています。
総工費は20億USドルで25年間運営する権利を持ちます。
2014年7月までに完成予定で2039年までの25年間運営していきます。

バングラディシュ政府とイタリアンタイとの間で締結され、4レーンの高速道路、
の建設運営手法はPPP Public-Private Partnership プロジェクトで締結されます。

コスト負担はITDとバングラディシュ政府の割合が73:27となっています。

また高速道路通行料は125タカ~750タカを検討しています。