マレーシア ADSL WIFI

マレーシアのクアラルンプール市政府(DBKL)は、今後新規の住宅開発における
インターネット・ブロードバンド回線の敷設をデベロッパーに義務づけると
発表しました。

商業施設に関しては、顧客向けにワイヤレス・インターネット設備を
設置することを2012年から義務化するとしています。

マレーシアのKL市内でレストランや飲食店が主な対象です。

設備の無い店舗には営業ライセンスを更新しないとしています。

マレーシアのKL市内ですでに設備を備えているカフェ・チェーンなどは、
月々200リンギ(6000円)程度のコストで済む通信速度1.0Mbpsの設備を使っている
のが現状としています。