マレーシアと湾岸協力会議(GCC)

マレーシアと湾岸協力会議(GCC)は、自由貿易協定の前進となる経済・商業・
投資・技術協力に関する枠組み協定に調印しました。

これをてこに自由貿易協定(FTA)の締結を目指すとしています。

GCCは、アラブ首長国連邦(UAE)、サウジアラビア、カタール、クウェート、
オマーン、バーレーンで構成されていますが、アセアン東南アジア諸国連合の
ような経済共同体への動きは遅いままとなっています。
2010年度1~11月のマレーシアと湾岸諸国との貿易額は前年同期比+25.6%増
で302億リンギ(9000億円)となっています。

マレーシアにはイスラム金融もあることから、中東からの資金流入、
投資スキームからの進出が盛んです。

UAEのアブダビではマレーシア企業とGCC企業による、具体的投資に向けた覚書も
複数交わされました。
マレーシア サラワク州のハラル団地母体タンチョン・マニス食品・工業団地
(TMFIP)は中東湾岸GCC側企業との間で、工業団地への投資を促進するための覚書や、
投資ファンドを設けるための覚書を交わしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。