インドネシア タイ ソンブーンアドバンス・テクノロジー(SAT)

タイの自動車部品大手ソンブーンアドバンス・テクノロジー(SAT)
Somboon Advance Technology (SAT)では インドネシア進出と中国南部への
進出を進めると発表しています。
まずはインドネシアへ工場建設を進め、その後に中国南部へ進出する計画です。

代表取締役の Yongkiat Kitaphanich氏は3年内に工場建設を予定していて
東南アジアの域内成長を目指すとしています。
2012年度に50周年を迎えた同社はその次に10年内に中国へ進出する予定です。
想定している取引先はGM、フォード、トヨタの現地合弁企業です。

2012年度の1~9月期の業績は売上70億6300万バーツ、純利益で6億2500万バーツでした。
第4四半期も自動車業界の活況・好調により、2012年度の通年売上規模は90億バーツを
越えると見ています。

売上の20%は輸出向けでその半分はインドネシアへ出しています。