マレーシアの新経済政策

マハティール首相は1991年開発主義「2020年ビジョン(Vision2020)、
略称ワワサン2020」という新たなる開発戦略を公表しました。
これは最終的には,「2020年までにマレーシアを先進国の仲間入りをさせる」
という目標を掲げて、マレーシアの国民意識形成から始めると言う政治目標を
掲げました。

経済成長のために従来の電子産業輸出型に依存するのではなく情報・通信産業の
育成に着手していくことを目指しました。
代表的な例が,マルチメディア・スーパーコリドー
(Multimedia Super Coridor:MSC)の開設や知識型産業育(K-Economy)
成方針の導入でした。

2001年以降は国民ビジョン政策(National Vision Policy 2001-2010 NVP
政策が開始されました。
今回のナジブ首相による新経済政策(NEP)が2010年に発表されマレーシアは
中央集権制が非常に強く、計画を強力に遂行してきたことが高成長に
つながってきました。
これらの計画は高成長達成のための産業振興と民族間、特にマレー人の貧困の
解消でした。
しかし、マイナス点としてブミプトラ政策は、外国から進出する企業にとって、
制約にもなっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。