マレーシアのIT・電子部品セクター

電気・電子産業はマレーシアの主要産業で、マレーシア国内の製造業生産高で
大きな割合を占めています。

2006年電気電子製品の輸出はRM2,822億(US$830億)で、製造品輸出額全体の
61.7%を占めます。
電子電気産業は397,553の雇用を生み出し、その数は製造業における雇用全体の
36.6%を占めています。

マレーシアの株式市場では9つのセクターに分類されるものの、セクター別に
偏っています。
またブミプトラ政策以降、電子部品などの外需呼び込みで成長しているはず
なので、ITセクターはまだそれほど大きくありません。

電子決済の企業やECコマースの企業はあるものの、電子部品セクターへの
外資依存度が高いのが背景としてあります。