ミャンマーの雇用

タイ労働省では海外からの非熟練労働者の受入れ枠を拡大する考えを
示しています。
特にバングラディシュを候補としています。
2011年現在ではミャンマー、ラオス、カンボジアから受け入れていますが
まだ確保分が十分ではないとしています。

外国人労働者委員会ではラオス、ミャンマー、カンボジアの未登録不法労働者
を、バングラディシュの正規就労者へ置き換えられるか検討を始めています。

また同様にインドネシアからの正規受入れが出来ないか検討しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。