ミャンマーの雇用

タイ労働省では海外からの非熟練労働者の受入れ枠を拡大する考えを
示しています。
特にバングラディシュを候補としています。
2011年現在ではミャンマー、ラオス、カンボジアから受け入れていますが
まだ確保分が十分ではないとしています。

外国人労働者委員会ではラオス、ミャンマー、カンボジアの未登録不法労働者
を、バングラディシュの正規就労者へ置き換えられるか検討を始めています。

また同様にインドネシアからの正規受入れが出来ないか検討しています。