第18回アセアンサミット

アセアン(東南アジア諸国連合)では、
アセアン加盟国内における外国人に対する統一ビザ制度の導入に向けた準備を
始めています。
インドネシアの首都ジャカルタで開かれている第18回アセアンサミットで声明が
発表されています。
この統一ビザ制度の導入は2015年に予定されていて、東南アジア内の緊密な
経済統合・交流を目指すものとして捉えられています。

2011年内に東ティモールが加盟するかは未定ですが、2010年末時点で現在
アセアンには10カ国が加盟、ブルネイ、ベトナム、インドネシア、カンボジア、
ラオス、マレーシア、ミャンマー、シンガポール、タイ、フィリピンと
なっています。

またカンボジアとタイとの国境で戦闘状態が続くプレアビヒア寺院問題では、
インドネシア軍の停戦監視団受入れに関して会談が続いていますが、双方の
意見の溝が埋まらない状態になっています。