タイ国営電話会社(TOT)

タイ国営電話会社(TOT)は、第3世代携帯電話通信網の拡張をタイの通信機器
会社サマート(SAMART)とタイ商社ロクスレー(LOXLEY)の共同事業体に発注した
と発表しています。
契約額は160億バーツです。

2011年末までにバンコク、パトゥムタニなど首都圏の1都4県
東部チョンブリ県、ラヨーン県、南部ソンクラー県、プーケット県、
北部チェンマイ県などタイの地方の主要13県、2012年半ばまでに全県で3G通信
が使用できるようになるとしています。

またADSL通信もシェア拡大を図るために月額使用料を599バーツから399バーツ
まで大幅値下げをしています。
ライバル社TRUEインターネットや3BBサービスなどとの価格競争、シェア競争に
勝つための方針を変更しています。

タイ電話公社では3G網の拡張によって、3G利用者が2011年中に130万件、2015年
までに700万件以上に増えると予測しています。
携帯台数の普及率はすでに7000万人を超えています。