タイ国営石油(PTT)

タイ国営石油(PTT)では新社長にPailin Chuchottaworn氏を任命しています。
Mr Pailin氏は54歳で4候補から選出されています。
選出方法は学歴、経験、ビジョン、スキルなどで投票、スコアの結果を基にして
選定されます。

他3名は PTTの財務総責任者CFOであるThewin Wongwanich氏
     Valvoline (Thailand)のCEOであるPermsak Kosolbhand氏
     Thai Oil Plcの代表取締役であるSurong Bulakul氏でした。

旧社長のPrasert Bunsumpun,氏の任期は2011年9月までとなります。

Pailin氏は東京工業大学院の化学専攻を卒業し2005年からPTTグループへ入社
しています。
2005年よりPTT Maintenance and Engineering Co のトップに入っており、
その前はバンコク銀行のポリマービジネスに代表取締役として勤務していました。
2011年時点ではIRPCのCEOを2009年から務めています。
タイ国家エネルギー戦略委員会内で今回選出されています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。