タイの輸出データ

アセアン自由貿易協定の本格的発効によってタイの輸出はアセアン域内でも
大きく伸びたことを伝えています。
2009年度と比較すると特にタイの躍進がデータに現れており、またアセアン
各国での輸出金額シェアも大きいことを示しています。
また激しくなる中国との競争にも備え、警戒する必要があるとまとめています。

        2009年     2010年    変化率  アセアン域内シェア
タイ      259億USドル  362億USドル  +39.5%   35.8%
ベトナム     62億USドル   68億USドル   +9.3%    5.3%
インドネシア  167億USドル  228億USドル  +36.2%    3.9%

と言う数字です。
タイ商工会議大学 University of tha Thai Chamber of Commerceの発表です。
2015年の経済統合へ向けて2010年より関税ゼロ化がスタートしてタイの輸出額は
大きく伸びています。
コメ、冷凍食品、ゴム、キャッサバ、野菜・フルーツなどがアセアン域内へ輸出され
各国よりも伸びが大きくなっています。

今後は中国の廉価製品があふれていくことと、ラオス、カンボジア、ベトナム、
ミャンマーの低賃金コストで製造されたモノがタイへ入り込むこともアセアン内
での競争が激しくなるであろうと予想されています。