タイの清涼飲料水大手サームスック(SSC)

ペプシコ・コーラの独占販売、ボトリング事業を手掛けていたサームスック(SSC)では
1953年から58年間ペプシコ社製品を製造、流通、販売してきましたが、
2010年、ペプシコ社の原材料値上げ、コーラ原液の値上げによってサームスック
(SSC)社側が反発しました。
ペプシコ社側へ値下げを要求しました。

しかしながら逆にペプシコ側ではサームスック保有株41%をさらに増やすべく
敵対買収を仕掛けました。
しかしながら一般投資家、他大株主が応じなかったためこのTOBは失敗に終わり、
両社の関係は破談となり、今後サームスック側は独自の商品開発、他ブランドの
販売を手掛けていく計画です。

タイではペプシ・コーラのマーケットシェアが高いことから今後流通網を無くした
ペプシコ側、製造・商品を無くしたサームスック側の次の行動が注目されています。

●タイの自販機
タイでは日本のような清涼飲料水自販機はないものの(一部大学などにはあり。)
浄水飲料水の自販機はあります。
「Daily Fresh」ブランドの飲料水自販機を展開するWater Netでは2011年の
タイ国内飲料水自販機市場が+8~9%になるとの予測を示しています。

タイ国内自販機市場はおよそ30,000台で2010年はコンドミニアム市場の急拡大
などで2009年度比+15%以上伸びています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。