マレーシア RHBキャピタル(RHBCAP) タイ アユタヤ銀行(BAY)

マレーシアの資産額5位であるRHBキャピタルの株式売却に関してRHBCAPはタイの
資産額5位のアユタヤ銀行(BAY)の買収に関心のあるコメントを残しています。

今後の長期的な視野からマレーシアの金融機関はタイの金融機関の買収に関心
が高いとコメントしています。
タイの新聞報道では現在大株主のUAEの金融機関、アブダビ商業銀行
(Abu Dhabi Commercial Bank,)が25%保有しているRHBキャピタル(RHBCAP)
の25%の全株式を、同じ金融機関のマラヤンバンク(MAYBANK)もしくはCIMB
(CIMB)へ売却する計画を検討しています。

また日系金融機関のSumitomo Mitsui Financial (SMFG)もこの入札に関心が
高いとしています。
入札の勝者はBAYの買収に賛成もしくは反対の意見を出すと見られていてBAYの
既存株主(GEキャピタル、ラタナック財閥)の動きも注目されています。
もし仮にラタナック財閥が、株式放出を実現した場合、外資比率の上限などの
規制もあることから、GEキャピタルの動きも変更する可能性があるとしています。

BAYの現株主は
GEキャピタル 33%(2006年から資本参加)
Ratanarug family 25%(既存大株主)       となっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。