タイの失業率がまた下落する

タイ政府統計局がまとめた2011年3月のタイ国内失業率は0.7%となり、
2010年同月の1.0%を下回ったことが発表されています。
地域別ではバンコク1.2%、中部0.6%、北部0.7%、東北部0.5%、南部1.0%と
なっています。

タイ国内業種別の就労者数統計は
農林水産業  1307万人  (2010年同月1306万人)
製造業      578万人  (同      563万人)
建設業      287万人  (同      265万人)
流通業      609万人  (同      643万人)
ホテル・観光・外食 275万人 (同      281万人)
官公庁      148万人  (同      136万人)

などになっています。

タイ国内では労働力が不足しているのが慢性化していて、労働者賃金も上昇
しています。

また2011年7月下院総選挙を前にして、2大政党がそれぞれ一日の最低賃金を
+25%増、300バーツとする大幅な引き上げを打ち出していて労働コストの上昇が
避けられない見通しとなっています。
またミャンマー、カンボジア、ラオスなどからの近隣諸国外国人労働者受入れも
進めています。