タイ トゥルー・コーポレーション(TRUE)

タイのCPグループ傘下の固定通信・携帯電話大手トゥルー・コーポレーション
(TRUE)ではマイナス5.0%下落3.76バーツまで下がりました。
背景にはCATテレコム(旧タイ通信公社)と提携して進めている携帯電話の
第3世代(3G)サービスを提供する計画が遅延していること、また3Gサービスの
開始が予定の2011年第3四半期よりも遅くなる可能性があると発表しています。

また、トゥルー社(TURE)ではDTAC社へ、マジョリティー率に関して通信業界は
外資比率49%の制限があるにも関わらず、外資比率が越えている疑いがある
として行政犯罪委員会へ提訴しましたが、失敗に終わっています。

タイ携帯通信業界3位のトゥルー社は第4世代通信網の整備を先駆けて行うことを
発表しています。
Suphachai Chearavanont CEOは先行している外資系企業の技術提携を進め、
タイ国内4G整備をスタートするとしています。
外資パートナーは2011年内に決定するとしています。