タイ ビルディングセーフティ・コード

タイにおける建築基準法における耐震基準は設定されていませんが
2007年12月に実施されている、ビルディングセーフティ・コード
「Building safety codes」は施行されています。

ビルディングセーフティ・コード「Building safety codes」は当時の内閣で
2005年承認され、第3承認機関による建築物の検査が必要となることを
定めています。
違反者には3ヶ月の禁固もしくは6万バーツ以上の罰金となります。

該当する建築物は以下の通り
● 1階層の面積が5000平米を越える工場
● 広告大型看板(高さ15M以上)(大きさ50平米以上)
● 娯楽施設全般
● 80部屋を越えるホテル 
● 200平米越える商業ビル、オフィスビル
● 2000平米を越える住居施設

今回の法令では建設構造において防火設備、消化設備、電力システム
空調システム、エレベーターシステム、などは年1回の簡易検査をするとしていて
主要詳細検査は5年毎に行なうとしています。

工業団地に位置する建物の場合、所有者は毎年環境アセスメントの報告書を
作成する義務があり、第3者認証を受けた機関により
Industrial Estate Authority of Thailand(IEAT)Officeへ提出します。

詳細のデータや手続きプロセスは
http://www.dpt.go.th
http://www.safetyinspectors.org/
http://www.coe.or.th
http://www.eit.or.th/
http://www.thaibuildinginspector.com/ などに記載されています。