タイ タラード・コム(TARAD)

タラード・コム社は創業者Pawoot氏が大学時代から設立した企業で現時点で
2位の規模を誇ります。
創業からしばらくしてタイの上場企業Jasmine International(JSC)の傘下企業
Mono Group, から30%の出資を受けます。

大学時代からビジネスに興味が高く、学んだあとにSoftware Park Thailandでも
勉強を続けHutchison Wirelessへ就職を決めます。
タラードの成長を進めるための知識を得ていきます。
ただしタイ国内のインターネットインフラ事情がまだ追いついておらず、ようやく
2009年代に入り事業が進みだしたとしています。

2009年度にPawoot氏が34歳の時に楽天の資本出資が決定され、Rakuten-Taradと
なるとしています。
楽天のノウハウを活かすのはTarad Premium Mallの名前で進めます。